テストステロンを増やす運動と筋トレ

頭頂部の薄毛改善に効く運動

有酸素運動や軽い筋トレをすると、
薄毛改善に効く良い男性ホルモンの
テストステロンが生成されます

 

テストステロンを増やす運動と筋トレ

 

激しい運動は逆効果

 

激しい運動をすると悪性の男性ホルモンの
ジヒドロテストステロンが生成されるため、
激しい筋トレは薄毛の原因になります

 

適度な運動が効果的

 

よって、ジョギングやウォーキングなどの
有酸素運動や軽い筋トレがお勧めですが、
血行促進効果もあり食事で摂取した栄養が
頭皮まで届くようになり育毛にも効果的
です。

 

 

さらに、ジヒドロテストステロンは
過剰なストレスによっても生成されますが、
軽い運動をするとストレス解消効果も得られ
ジヒドロテストステロンの生成を抑制できます。

 

 

このように、有酸素運動や軽い筋トレは
体内のテストステロンを増やすだけでなく、
血行促進やストレス解消効果もあるので
薄毛改善に2重、3重の効果があります。

 

適切な運動・筋トレの量

 

まず、有酸素運動の目安は、
1回30分以上の有酸素運動を
週3回以上行うと毛細血管の数が
30倍〜50倍になることがわかっており、
毛細血管の数が増えると酸素や栄養が
体の隅々まで運ばれるようになります

 

 

よって、髪に良い食事を摂った時に
頭皮にもちゃんとその栄養が届きます。

 

食事には気をつけても効果が出ない方は、
有酸素運動も行ってみましょう。

 

 

筋トレの場合は、腕立て、腹筋、背筋を
30回ずつくらいなど辛くない回数だけ
行ってみて下さい。

 

ムキムキになるために行う訳ではないので、
30回がきつければ最初は10回ずつでも
2日に1回くらいのペースで続けましょう。

 

 

軽い筋トレはテストステロンの生成に
非常に効果的です。

 

また、ある程度筋肉量を増やしてから
有酸素運動を行うと脂肪が燃えやすくなるので、
軽い筋トレと有酸素運動を組み合わせると
ダイエット効果も得られやすくなります

 

 

有酸素運動と軽い筋トレ一つでもよいですが、
軽い筋トレを行った翌日は有酸素運動を行って
軽い筋トレと有酸素運動を交互に週3日ずつ行うと
健康面でもよい効果が得られると思います。

 

体が健康になれば薄毛も改善しやすくなります

 

 

また、以下は体の内側とリラックスを加えた対策で
私が薄毛を改善できた育毛法を紹介しています。

 

≫極楽育毛革命の内容&体験談へ

 

 

≫抜け毛予防に効く食べ物と発毛法へ

 

sponsored link