ストレスと睡眠不足は抜け毛の原因

ストレスと睡眠不足の解消法

ストレスと睡眠不足は発毛を妨げ、
抜け毛増加と薄毛の原因になるので
ここでは改善方法を紹介します。

 

 

 

ストレスと睡眠不足は別ものではなく
ストレスが溜まれば寝つきが悪くなったり
睡眠が浅くなって睡眠不足になりますし、
睡眠不足になるとストレスが溜まります。

 

そこで、どちらか一方に対策するより
両方に効果のある対策を行ったほうが、
効率よく抜け毛を減らし、発毛を促進し、
薄毛を改善することができます。

 

リラックスは両方に効く

 

まず、簡単にできるのがリラックスです。

 

特に寝る前にリラックスする時間を作り、
副交感神経を優位にすると寝つきがよく
深い睡眠をとれるようになります

 

 

私はお風呂で湯船につかってリラックスし、
寝る前に部屋を暗くして、深呼吸しながら
10分くらいストレッチをしています。

 

これでも寝つきがよくなりましたが、
最近は寝る前にヨガをするようにしたら
睡眠の質がさらに上がった
ように感じます。

 

 

睡眠不足は睡眠時間が少ないだけでなく、
睡眠の質も関係するのでリラックスによって
睡眠の質を上げる対策も行いましょう。

 

そして、睡眠時間は6時間くらいはとる
ようにすることも大事です。

 

 

特に、眠りについてから最初の3時間は
疲労回復や細胞の再生など体のことが行われ、
この間に髪も成長する
と言われています。

 

後半では記憶の整理が行われるので、
髪の発毛には関係ないかもしれませんが
6時間の睡眠をとると体と記憶の両方に
十分と言えます。

 

 

ただ、人によって睡眠のサイクルが違うので、
6時間では足りないと感じる場合は8時間
くらい睡眠をとったほうがよい人もいます。

 

よく、6時間〜8時間くらい睡眠をとるとよい
と言われるのは個人差があるからです。

 

 

これが自宅で一番簡単にできる対策で、
さらにお勧めなのが有酸素運動です。

 

有酸素運動が効果的な理由

 

有酸素運動がお勧めな理由は、
軽い運動をして汗をかくとストレス解消効果
が得られることが分かっている
からです。

 

よって、入浴前に有酸素運動をすると、
仕事で溜まったストレスを発散することができ
リラックス効果がさらに高まります。

 

 

そして、有酸素運動は血行をよくするので、
発毛促進効果も得られます。

 

ただ、1回だけだと効果は低いですが、
1回30分の有酸素運動を週3回すると
毛細血管の数が30倍から50倍になる
ので
血行がよくなることに加えて体の隅々まで
血液がいきわたるようになります。

 

 

食事の栄養は血液によって運ばれるので、
毛細血管の数が増えて血行がよくなると
体の隅々まで栄養がいきわたります

 

よって、頭皮にも栄養が箱ば得るようになり、
髪が発毛、成長しやすい環境になります。

 

 

逆に、血行が悪いと髪にいい食事を摂っても
頭皮まで栄養が届かないということになります。

 

食事に気をつけていても改善されない方は、
有酸素運動を行うことをお勧めします。

 

 

以下では体の内側&外側&リラックスという
3つの対策で私が薄毛を改善することができた
育毛法の内容と体験談を紹介しています。

 

≫極楽育毛革命の内容&体験談へ

 

薄毛改善に成功した育毛法

 

 

≫抜け毛予防に効く食べ物と発毛法へ

 

sponsored link