男性型脱毛症

男性型脱毛症の原因と対策

男性型脱毛症は男性に最も多い脱毛症で、
生え際から後退する、頭頂部から薄くなるなど、
同じ男性型でも人によって症状が異なりますが
男性ホルモンをはじめ様々な原因があります

 

男性型脱毛症の原因と対策

 

男性型脱毛症の種類

 

男性型脱毛症には、以下の種類があります。

 

 

■脂漏性脱毛症

 

食生活やシャンプー、洗髪方法などによって
皮脂が過剰に分泌され、毛穴が詰まり髪の成長が
妨げられるため発症します

 

 

■薬剤性脱毛症

 

薬剤の副作用によって引き起こされる脱毛症です。

 

代表的なもので抗がん剤による脱毛がありますが、
脱毛の症状は一時的なことが多いです。

 

治療が終了すると1、2ヶ月で髪の再生が始まり、
半年程ではほとんど元の状態に戻ります。

 

 

■びまん性脱毛症

 

老化、偏った食生活、ストレス、血行不良などで、
頭部全体の髪の毛が薄くなる症状が出ます。

 

バランス良い食事、規則正しい生活、有酸素運動で
体の内面から予防することで改善
できます。

 

 

■粃糠性脱毛症(ひこうせいだつもうしょう)

 

乾性のフケが毛穴を塞いでしまい、
炎症を起こすことで抜け毛が増加します

 

フケには乾性のフケと脂性のフケとがありますが、
脂性のフケは脂漏性脱毛症の初期症状となります。

 

乾性のフケは過剰な洗髪や強いシャンプーを使用し、
頭皮の必要な皮脂を取り除くことで発生します。

 

男性型脱毛症の対策

 

男性型脱毛症は生活環境の悪さなどによって
髪が成長しきる前に抜けて生え変わる毎に細くなり、
結果的に頭皮が透けてしまいます。

 

食生活の乱れ、過剰なストレス、運動不足など、
遺伝的要因より後天的要因が多くを占めているので、
改善することは可能
です。

 

 

頭皮の過剰な皮脂の分泌を抑えて血流を良くし、
十分な栄養素を毛乳頭へ送ることがポイントで、
以下が効果があります

 

・禁煙をする。
・マッサージを行う。
・規則正しい睡眠ととる。
・バランスのとれた食生活をする。
・育毛剤や育毛サプリメントを使用する。
・脂肪分、糖分、コーヒー、アルコールを控える。
・栄養素としてはビタミンB2、B6を良く摂取する。
・血流を良くするために有酸素運動を定期的に行う。

 

 

育毛剤を一生懸命使用していても、
食生活が乱れていると効果は得られない
ので、
体の内側から発毛力を高める必要があります。

 

体の内側から対策する以下の育毛法を実践したら
私は半年で薄毛が改善しました

 

≫極楽育毛革命の内容&体験談へ

 

 

≫男性ホルモンを減らす方法へ

 

sponsored link