男性ホルモンを減らす方法

オナ禁と運動で抜け毛対策

私(男)は有酸素運動や筋トレを行って
食事に気をつけても抜け毛が減りませんでしたが、
オナ禁を加えたら抜け毛が減りました

 

男性ホルモンを減らす

 

 

オナ禁には以下の効果があると言われています。

 

・抜け毛が減る
・体毛が薄くなる
・肌ツヤが良くなる
・エネルギーが満ち溢れる

 

 

体質的にオナニーにより抜け毛の原因となる
ジヒドロテストステロンが増えやすい方がおり

私はまさにこのタイプに当てはまっていたようで
オナニーを毎日していた時は抜け毛の量が多く、
オナ禁をするようになったら抜け毛が減りました。

 

 

男性ホルモンには良性のテストステロンと
悪性のジヒドロテストステロン(DHT)があり、
オナニーをするとテストステロンは体内で
5αリダクターゼと結合してDHTになります。

 

これによりテストステロンが減りDHTが増えるので、
抜け毛が増えたり、体毛が濃くなったりします

 

 

また、体のエネルギーには精のエネルギーがあり、
オナニーで射精をすると精エネルギーを失います

 

よって、頻繁にオナニーをしていると、
精エネルギーが体外に垂れ流し状態になっているので、
体がだるくなったりやる気がなくなったりします。

 

逆にオナ禁をして精のエネルギーを体内に溜めると、
体からエネルギーが満ち溢れるようになります

 

 

精のエネルギーについてピンとこないかもしれませんが、
スポーツ選手を考えると理解して頂けるかもしれません。

 

スポーツ選手はオナ禁+運動により若く見えたり、
魅力的な人が多い
ですが、理由は以下になります。

 

運動で良い男性ホルモンが増える

 

テストステロンはモテホルモンと呼ばれており、
抜け毛を予防したり、髪の成長を促進したり、
体毛を薄くしたり、肌ツヤを良くする働きがあります。

 

また、骨格・筋肉の成長、生殖器の増大、精子形成、
性欲の増加など、男性にとって大切な働きもしています。

 

 

そして、体内のテストステロンの量は
有酸素運動や軽い筋トレを行うことで増えるので、
オナ禁と軽い運動を組み合わせると効果が倍増します。

 

スポーツ選手が試合の数日前からオナ禁止するのは
精エネルギーを体に蓄えるためと考えられていますが、
運動によりテストステロンの量も増えるのでイケメン
でないのに魅力的なスポーツ選手がたくさんいます

 

 

ストレスが溜まると体はDHTを生成し、
活性酸素が増えるので老化が進み抜け毛が増えますが、
有酸素運動はストレス解消にも効果的です。

 

運動は血行を良くするので発毛促進効果も得られます。
(※激しい運動は体に良くないので注意して下さい。)

 

男性ホルモンを抑えるツボはない

 

色々調べましたが男性ホルモンを抑えるツボはなく、
女性ホルモンを増やすツボを見つけました。

 

壇中(だんちゅう)というツボで、
両乳首を結んだ線上の真ん中にあり、
ここを押すと女性ホルモンの分泌が高まるようです。

 

女性ホルモンは抜け毛を減らすのに効果的ですが、
バストアップ効果もあるようなので男性には微妙
です。

 

オナ禁と運動に加えて食事も大切

 

私は毎日腕立て伏せ、腹筋を30回、背筋を100回と
1回30分のジョギングを週3回程度行っていますが、
オナ禁と運動に加えて食べ物にも気をつけることで
劇的に抜け毛が減るということを経験しました

 

 

大豆食品や亜鉛を含む食べ物を食べると
抜け毛が減るということが言われていますが、
抜け毛の原因となる食べ物を食べないようにする
ということも私は気をつけています。

 

ポテトチップなどのジャンクフード、
マクドナルドなどのファーストフード、
カップラーメンなどのインスタントフード、
冷凍食品はほとんど食べません。

 

 

絶対に食べないとすると余計食べたくなるので
月1・2回は食べますが、基本的に食べません。

 

肉も全く食べないのは難しいので外食時だけにし、
家ではご飯と野菜や豆腐の味噌汁などを食べています。

 

 

何を食べるかと合わせて重要なのは食べ過ぎです。

 

健康的な食事を摂っていても食べ過ぎた日は
シャンプー時の抜け毛がいつもより多くなり、
腹八分目にすると抜け毛が減ることが多いので
食事の量も抜け毛の量に関係していると思います。

 

 

抜け毛を減らして発毛させれば薄毛は改善しますが、
オナ禁・運動・筋トレで抜け毛が減ったことに加えて
私が発毛効果を得た育毛法を以下で紹介しています。

 

≫極楽育毛革命の内容と体験談へ

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

男性ホルモンを減らす方法 メニュー

男性型脱毛症の原因と種類

男性型脱毛症は男性に最も多い脱毛症で、生え際から後退する人、頭頂部から薄くなる人など、同じ男性型でも人によって症状が異なりますが、原因は男性ホルモンが関係しています。髪が成長しきる前に抜けて生え変わる毎に細くなり、結果的に頭皮が透けてしまいます。食生活の乱れ、過剰なストレス、運動不足など、遺伝的要因...

≫続きを読む

 

男性ホルモンを減らす食べ物・食品・イソフラボンを含む食事

テストステロンに5αリダクターゼが結合してジヒドロテストステロンが生成されます。そこで、5αリダクターゼを減らす必要があり、5αリダクターゼ抑制効果がある女性ホルモンに似ている大豆イソフラボンを多く含む豆腐などの大豆食品を食べると抜け毛を減らす効果が得られます。大豆製品の味噌にもイソフラボンが多く含...

≫続きを読む

 

男性ホルモンを抑制する効果のある漢方薬・ノコギリヤシのサプリ

十味敗毒湯や芍薬甘草湯という漢方薬に抜け毛を減らす効果があると言われています。しかし、十味敗毒湯はニキビ対策、芍薬甘草湯は胃腸の激しい痛みなどの対策で飲まれている漢方薬なので男性ホルモンを減らす効果が得られるかは不明です。男性ホルモンを減らすサプリプロペシアは、悪性の男性ホルモン(DHT)を減らす効...

≫続きを読む

 

10代&20代 抜け毛の原因と対策 中学生・高校生・大学生の男女向け

10代や20代の抜け毛・薄毛(ハゲ)については、以下の原因に対して対策すれば改善できます。○頭皮に悪いシャンプー・リンスの使用○整髪料の使用と使用後の洗い残し○冷凍食品・ジャンクフードの食べ過ぎ○ジヒドロテストステロン(DHT)の増加まず、10代〜20代にかけて私の抜け毛が増えた原因から解説していき...

≫続きを読む