女性のプロペシア・ミノキシジルの副作用

女性の服用は禁止されている

プロペシアの主成分である
フィナステリドは抜け毛の原因となる
ジヒドロテストステロンを抑制しますが、
プロペシアは男性型脱毛症のみに効果があり、
女性の薄毛には効果がありません

 

また、妊娠中の女性がプロペシアに触るだけで
生殖機能に影響が出て奇形児が生まれることがあり、
正式に女性の服用は禁止されています

 

プロペシア

 

 

男性への効果は科学的に証明されていますが、
プロペシアの効果が得られるには早くて3ヶ月、
一般的には6ヶ月位かかると言われています。

 

止めるとプロペシア服用後に生えた髪は抜けるので、
危険な副作用があることを知った上で効果維持には
プロペシアを服用し続ける必要があります。

 

 

プロペシアは男性でも効果が出るのに時間がかかり、
副作用もあるのでお勧めできません

 

プロペシアのように効果は証明されていませんが、
以下の天然成分のサプリで抜け毛が減った方がいます。

 

男性ホルモンを抑えるサプリ

 

男性ホルモンの量が増えても
活性化させなければ薄毛は予防できます
が、
それに効くサプリがあります。

 

2種類の男性ホルモンのうち、悪性の
ジヒドロテストステロンが増えると抜け毛が増えたり、
毛深くなったりするというような悪影響を及ぼします。

 

 

逆に良性の男性ホルモン、テストステロンは
髪を生やす、体毛を薄くする、筋肉を増やすなど、
体に良い影響を及ぼします。

 

これほど違う男性ホルモンなのに、
ひとくくりに「男性ホルモン=悪」として
捉えてしまっている方が非常にたくさんいます。

 

 

そして、テストステロンは体内で
ジヒドロテストロンに変換してしまうのですが、
ノコギリヤシという成分にこれを防ぐ効果がある
と言われています。

 

全ての方に効果があるわけではありませんが、
効果が得られたという感想や体験談もたくさんあり、
なにより天然のハーブなので安全
です。

 

ノコギリヤシは以下のようなサプリで摂取でき、
価格もそれほど高くないので人気があります。

 

ノコギリヤシEX

 

sponsored link

 

発毛するが副作用で毛深くなる

 

ミノキシジルは発毛効果が証明されていますが、
毛深くなる副作用があります

 

もともと、ミノキシジルを服用している患者が
副作用で多毛症になるケースが多かったので、
育毛剤として開発されたため
です。

 

 

ミノキシジルの副作用で多いのは頭皮の痒みです。

 

また、ミノキシジルは高血圧の治療薬であるため、
服用することで低血圧になるケースも見られます。

 

他にも日中の眠気や頭痛、むくみ、体重の増加、
性欲減退などに加え、胸の痛み、動悸といった
心臓や血管に関わる副作用が出ることもあるので、
副作用について十分考慮して使用して下さい。

 

 

日本ではミノキシジルを配合した
育毛剤としてリアップがありますが、
ミノキシジルの含有率が1%と低いので、
5%と高い濃度のアメリカのロゲインが人気です。

 

しかし、ミノキシジルを1%含む育毛剤
を使用した場合は副作用が出た方は約5%、
ミノキシジルの含有量が5%だと約9%の方に
副作用が出たという研究結果もある
ようです。

 

 

個人的には副作用のある成分に頼る前に、
頭皮環境や体の内側から薄毛を改善する
育毛法を試して頂きたいと思っております。

 

当サイトでは食事、運動、頭皮マッサージなど、
私が実際に行って効果が得られた薄毛改善法を
紹介しているので参考にして頂ければと思います。

 

≫女性の薄毛改善方法へ

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link