女性の薄毛と抜け毛対策

原因に対策して薄毛を改善

昔は薄毛になる女性は少なかったのですが、
最近は薄毛に悩む女性が増えています

 

薄毛の原因として、ストレス、食生活の乱れ、
頭皮の汚れ、アルコールの過剰摂取、タバコ、

悪性の男性ホルモンなどが考えられます。

 

女性の薄毛の原因

 

ストレス

 

昔は専業主婦になる女性が多かったのが、
女性も男性と同じように仕事をするようになり
ストレスが溜まりやすくなっていると言えます。

 

薄毛の悩みを解決するために育毛剤を使って
体の外から対策しても、ストレスなど体の内側の
原因が改善されないと効果は得られません。

 

 

体の内側からケアすることが育毛対策には大切で、
ストレス対策の一つが睡眠です。

 

コンビニやファミリーレストランが24時間営業になり、
生活が夜型になっています。

 

 

ニーズによりこの営業時間になったと言えますが、
夜型生活は本来睡眠を取るべき時間に起きているので
体にも頭皮にも髪の毛にも良くありません

 

人間は睡眠中に、疲労回復、細胞の再生、体温調整、
記憶の整理など、体と脳に関することを行っています。

 

 

6時間寝た場合、前半の3時間が体に関すること、
後半の3時間が記憶などに関することが行われるので、
十分な睡眠をとらないと体や記憶に異常が起こります。

 

睡眠時間については個人差がありますが、
6時間〜8時間寝たほうがよいと言われています。

 

 

睡眠不足でストレスが溜まって抜け毛が増えたり、
免疫力が低下するために花粉症やアレルギー性鼻炎
などの病気になる方もいます。

 

睡眠中に疲労回復など、体のケアが行われるため、
十分な睡眠をとれば抜け毛が減ったりします。

 

食生活の乱れ

 

バランスの悪い食事は免疫力の低下を引き起こします。

 

薄毛や若ハゲで悩んでいる女性が増えているのは、
食生活の乱れによって人間の機能が衰えているからです。

 

 

よって、髪を発毛させて薄毛を改善するために、
睡眠や食事に気をつけて健康な体を作ることが大切です。

 

薄毛や若ハゲの理由として遺伝という説もありましたが、
父親が髪が薄くても髪がフサフサの子供もいることから
遺伝は主な原因ではないということが分かってきました。

 

 

遺伝に関係なく食生活の乱れや飲酒によって
ハゲ遺伝子が活性化して薄毛が進行する
ので、
それらに気をつければ薄毛を改善することは可能です。

 

お酒の飲み過ぎ

 

タンパク質は髪を作る原料になりますが、
お酒を飲むと体内のタンパク質が減ります。

 

よって、お酒を飲みすぎると
髪の成長に必要なタンパク質が不足するため、
髪の成長が妨げられて抜け毛が増えてしまいます。

 

 

アルコールの摂取により肝臓の中で
アセトアルデヒドという有害物質が作られ、
髪のもとになるシステイン(シスチン)が大量消費され、
髪を作る原料が不足して薄毛の原因にもなります。

 

 

また、お酒の主な原料は穀物や果実であるため、
お酒は糖分を多く含んでいます。

 

そして、糖分は血中で脂肪に変わるので、
糖分の過剰摂取は過剰な皮脂分泌を引き起こし、
皮脂が角栓となり毛穴に詰まって抜け毛が増えます

 

 

お酒を飲むと睡眠が浅くなるため、
これも抜け毛の原因になります。

 

お酒を飲むと寝つきが良くなるという理由で
お酒を飲んで寝るという方もいるかもしれませんが、
寝つきはよくなっても眠りは浅くなってしまいます。

 

 

お酒の飲み過ぎは体の健康によくありません。

 

体が不健康になれば結果として抜け毛は増えるので
お酒を飲みすぎないようにし、体を健康な状態にする
ことが抜け毛を減らすポイント
になります。

 

 

タンパク質を摂取する時は、肉や魚より納豆や豆腐
などの大豆食品から摂取することをお勧めします。

 

加えて、以下の抜け毛予防に効果的な栄養素を
摂取すると抜け毛を減らすことができます。

 

 

ビタミンB群は髪の毛の新陳代謝を促進しますが、
ビタミンB群を多く含む食品として、のり、わかめ、
チーズ、ピーナッツ、レバー、玄米胚芽、ビール酵母、
卵、牛乳などがあげられます。

 

ビタミンB群の中でビタミンB2とB6には、
頭皮の過剰な皮脂分泌を抑える働きがあります。

 

 

ビタミンB2はレバー、卵、大豆、乳製品、緑黄色野菜、
ビタミンB6はかつお、まぐろ、いわし、さばなどの魚類、
レバーをなどの肉類、バナナやキャベツといった農産物、
ピーナッツや大豆などに多く含まれています。

 

男性ホルモンの増加

 

男性と同じように働く女性が増えたり、
現在社会では女性の男性化が進むことで
男性ホルモンが多い女性も増えています

 

本来、女性は男性ホルモンが少ないのですが、
仕事が忙しかったり、ストレス、飲酒、喫煙などにより
男性ホルモンが活性化してしまう
のです。

 

 

そして、そのような生活を続けて男性ホルモンが
体に影響を及ぼすと抜け毛や薄毛の原因になります。

 

しかし、男性ホルモンの量が多くても、
活性化させてなければ薄毛を防ぐことができます

 

 

例えば、男性でヒゲが濃かったり、毛深い人で
男性ホルモンが多いのに髪がフサフサの人がいるのは、
量は多いけどそれが髪に影響していない
ということです。

 

逆に、女性ホルモンは薄毛予防効果があるだけでなく、
肌をキレイにする、バストアップ、体毛を薄くするなど、
女性らしさを保つのに大切なホルモンであると言えます。

 

女性ホルモンのバランス

 

女性ホルモンのバランスが崩れると生理不順の他、
抜け毛や薄毛の原因にもなるので注意が必要です。

 

20代・30代の女性の薄毛改善

 

 

生理不順は栄養のない食事、睡眠不足、ストレス、
女性ホルモンのバランスの乱れにより起こります
が、
これらの原因に対策すると薄毛改善にも繋がります。

 

悪性の男性ホルモンであるジヒドロテストステロン
(DHT)も薄毛の原因になります。

 

 

男性ホルモンだから女性に関係ないということはなく、
肉や脂っこい食事を食べたりストレスが溜まることで
20代・30代になると女性ホルモンのバランスが崩れ、
DHTの量が増えて女性も薄毛になる方がいます。

 

特に前頭部の生え際はDHTに最も影響さえる部分で、
生え際の薄毛に悩む方はDHT抑制に力を入れましょう。

 

 

DHTを抑制する効果があるものには以下があります。

 

 

■体内に摂取するもの

 

ソーパルメット、ノコギリヤシ、プロペシア、
亜鉛、ビタミンC、B2、B12

 

この中で、ソーパルメット、ノコギリヤシは、
天然成分のサプリで摂取することができます

 

プロペシアは女性の服用が禁止されており、
男性も副作用が出る可能性があるので危険です。

 

亜鉛、ビタミンC、B2、B12は食事から摂取できます。

 

 

■頭皮に塗布するもの

 

スピロノラクトン、フィナ/デュタローション

 

 

シャンプーも毎日頭皮につけるものになりますが、
女性に人気の髪がサラサラになると宣伝されている
市販のシャンプーは頭皮に悪い化学成分を含むので
抜け毛を増やし、薄毛の原因になります。

 

お湯洗いで頭皮の汚れはほとんど落ちますが、
女性はシャンプーを使わないのは難しいと思うので
天然成分のシャンプーを使う
ようにしましょう。

 

頭皮環境を改善するシャンプー

 

皮脂には髪の毛が育つ栄養や
頭皮に必要な成分が含まれいたり、
皮脂は頭皮を守るために分泌されているため、
過剰な皮脂の除去は良くありません

 

皮脂の量を調べると髪の薄い部分の皮脂は少なく、
髪の量が多い部分のほうが皮脂の分泌量が多いようです。

 

 

皮脂は頭皮と髪に良くないと考えられがちですが、
洗髪で皮脂を除去しても頭皮を守るために分泌され、
頭皮をしっかり洗えば皮脂が減るわけではない
のです。

 

除去すればするほど補充する機能が働いて
不足した皮脂を補おうとするが体の仕組みなので、
むしろ過剰に皮脂を除去する状態が続くことで
皮脂線が肥大して皮脂を大量に分泌するようになります。

 

 

また、補充しようと皮脂を分泌し続けなければならず、
無理がかかるので頭皮が弱っていきます

 

皮脂の分泌が少ない女性や薄毛の方は、
皮脂をなくそうと頭皮をゴシゴシ洗うことで頭皮を痛め、
薄毛を逆に進行させてしまう場合があります。

 

 

洗浄力の強い化学成分や髪の毛がサラサラになるけど
頭皮に悪い化学成分を含むシャンプーを使っている
ので、
20代・30代の頭皮が昔の40代の頭皮と同じようです。

 

頭皮の状態が悪いと発毛しにくくなるので薄毛は治らず、
そんな頭皮から生える髪の毛は当然老化しています。

 

 

よって、化学成分が含まれない天然成分のシャンプーで
指の腹で優しく頭皮を洗うことが大切です。

 

私は頭皮環境を整える効果のある天然成分の
馬油を含む以下の育毛シャンプーを使っていますが、
髪が太くなり、ボリュームも増えています。

 

≫ウーマシャンプーの詳細へ

 

≫ウーマシャンプーの体験談へ

 

 

また、シャンプー時に頭皮マッサージをすることで、
発毛&育毛効果を得ることができています

 

≫サイエ式発毛法の詳細へ

 

≫サイエ式発毛法の効果・口コミへ

 

 

土壌が良い状態でないと植物が育たないのと同じで、
体の状態が良くないと健康的な髪は生えてこないので
頭皮や髪にとって内側からの対策も大事です。

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link