抜け毛予防にいい運動と睡眠

育毛に効果的な有酸素運動と量

最近はスポーツジムに通う人も増えて
体をより健康にしようとする傾向にありますが、
適度な運動は髪にとっても大切です。

 

有酸素運動

 

 

そして、髪に良いのはやはり有酸素運動です。

 

有酸素運動により心肺機能が強化されるだけでなく、
血液の循環が良くなるので血液中の酸素や栄養素が
頭皮に届けられやすくなります

 

 

細胞の再生に関わる新陳代謝も活発になり、
頭皮における育毛環境を整える効果があります。

 

ただし、今まで運動をしていない方が
いきなり激しい運動をすると筋肉を痛めたり、
活性酸素が溜まったりして逆効果なので
安全で効果的な有酸素運動を取り入れましょう。

 

 

有酸素運動をして汗をかくとストレス解消にもなり
髪の成長に欠かせない良質な睡眠をもたらします。

 

有酸素運動で代表的なものにジョギング、
ウォーキング、水泳、自転車などがありますが、
1日に20〜30分、週に3〜5日程度行うと
毛細血管の数が30〜50倍になる
と言われています。

 

 

心拍数が少し上がり、少し汗ばむ位の運動が効果的で、
個々の心肺能力にもよりますが、目標にする心拍数は
以下の計算式を参考にできます。

 

目標心拍数=(220−自分の年齢)×0.7

 

負荷をかけすぎると無酸素運動になってしまい、
逆に心臓に負担をかけてしまうので注意して下さい。

 

 

そして、有酸素運動をすると血行がよくなり、
食事で摂った栄養が頭皮まで運ばれやすくなるので
どのような食べ物を食べるかも重要になります。

 

コンビニ弁当、ファーストフード、冷凍食品など、
添加物がたくさん入った食事を摂るとそれが体中に
運ばれてしまい、体にも髪にもよくありません

 

 

また、食事制限などで過度なダイエットをすると、
栄養を含まない血液しか毛乳頭に回ってこないので
頭皮環境にも異常が起こりやすくなります。

 

髪はケラチンと言うたんぱく質から構成されており、
偏食や食事制限のダイエットで栄養不足になると
十分なたんぱく質が摂れず髪の毛が細くなります

 

 

髪は頭皮にある毛乳頭で作られていますが、
毛乳頭に届けられる栄養素は余り物です。

 

人間の体は生命維持のために働いている
重要な臓器に食事で摂った栄養を優先的に送るので、
生命維持に関係ない髪には最後に栄養素が届けられます。

 

 

よって、栄養が頭皮まで行き届くようにしないと
栄養は他の臓器で使われてしまいます。

 

そして、育毛剤などでケアをしていても
頭皮や髪に十分な栄養が行き渡らなくなるので
抜け毛が増えて薄毛やハゲになりやすくなります

 

食事は人間が必要な栄養を摂る唯一の手段なので、
体と髪に良い食事を摂る必要があります。

 

sponsored link

 

薄毛予防・育毛に睡眠も大事

 

髪の毛は睡眠中に成長するので、
睡眠不足は薄毛の原因になります。

 

育毛にいい睡眠時間

 

 

体が活発に活動している昼間は
体を動かすために必要な部分に栄養を供給するので、
毛母細胞に栄養が届かず髪はほとんど成長しません。

 

逆に睡眠中は体の活動が低下し、
毛母細胞に栄養が届けられるため髪が良く成長します

 

 

特に午後10時から午前2時迄の時間帯に成長し、
より深い眠りについているのが理想的とされます。

 

この時間に深い眠りにつくと成長ホルモンが分泌され、
老化防止や成長促進となります。

 

 

育毛に効果的な睡眠時間は個人差がありますが、
6時間〜8時間くらいが良いと言われています。

 

これはノンレムとレム睡眠のサイクルが平均90分で、
4サイクル必要で平均の人は360分=6時間となり、
1サイクルは±20分の個人差があるので
サイクルの長い人は8時間位の睡眠が必要になります。

 

 

深い眠りにつき、睡眠の質を高めるポイントとして、
副交感神経を活発にすることです。

 

交感神経が活発になってしまうので、
寝る前にテレビを観たり、スマホをいじるのはやめて
寝る前は部屋を暗くしてリラックスするようにしましょう。

 

 

また、部屋を明るくしたままた寝たり、
テレビをつけたまま寝ると眠りが浅くなってしまうので、
部屋を暗くして静かな部屋で寝るようにして下さい。

 

部屋の色も関係していて赤やオレンジなど暖色系が多いと
寝つきが悪くなったり、眠りが浅くなると言われています。

 

 

逆に、青などの寒色系の色にする
寝つきがよくなったり、睡眠が深くなります。

 

もう一つ、寝る時に頭の周りにとがったものがあると
無意識が反応して睡眠が浅くなるという研究結果があるので、
頭のまわりに突起物を置かないようにしましょう。

 

 

睡眠中に髪は成長し、ストレスも解消されるため、
質の高い深い睡眠をとることで抜け毛が減って
薄毛改善につながる
のでこれらに注意してみて下さい。

 

 

≫皮脂は抜け毛・薄毛の原因へ

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link