抜け毛・薄毛に効くツボと育毛方法

発毛&育毛に効くツボ

以下に紹介するツボは押すだけで、
効果的に頭皮の血行を促進させて
髪を育てる毛母細胞の働きを活性化させてくれます。

 

生え際と頭頂部のツボ

 

 

百会(ひゃくえ)

 

頭のてっぺん、
両耳と鼻の延長線が交わる点に位置するツボで、
血行促進&発毛促進に効果があると言われています。

 

指の腹を当てて下に心地よく感じる強さで押します。
強く押しすぎないように注意して下さい。

 

 

湧泉(ゆうせん)

 

足の裏にある「人」の字状の筋の交点の
内側にできるくぼみの部分にあるツボで、
育毛に効果的であると言われています。

 

ある程度強く押したほうが効果があるので、
ゴルフボールに乗ったり青竹を踏んだりすると
効果的なツボです。

 

 

陽池(ようち)

 

手首の甲の内側にある間接の
くぼみの真ん中の部分にあるツボです。

 

ホルモンバランスの正常化とストレス解消
に効くツボ
で、抜け毛予防に効果的です。

 

 

風池(ふうち)

 

耳の後ろ側の骨の出っ張りの下側と
うなじの真ん中にあるくぼみの間にあります。

 

抜け毛の原因になる肩こり解消効果があり
頭痛と抜け毛に効くツボです。

 

 

大椎(だいつい)

 

首を曲げた時のくぼみの部分で、
自律神経失調症に効くツボです。

 

自律神経の乱れにより抜け毛が増えるので、
抜け毛予防に効果があります。

 

 

天柱(てんちゅう)

 

うなじの生え際で首の両側の太い筋肉の外側にあり、
風池のツボ同様、頭痛改善にも効果があります。

 

 

ツボの押し方

 

指の腹で痛気持ちいいと感じる位の強さで押さえ
1、2、3と数えながら1回3秒ぐらい押します。

 

1で一番強く押し、2→3と力を弱くしていきます。

 

sponsored link

 

毛根から再生する育毛方法

 

髪は毛根の毛母細胞が分裂して作られますが、
毛母細胞の分裂を行うのが毛乳頭になります。

 

よって、毛乳頭の働きを活性化させれば
毛根が再生して髪が生える可能性が高くなる
ということが言えます。

 

 

毛乳頭を活性化させるために簡単にできる方法は、
頭皮マッサージ
です。

 

強くマッサージすると頭皮を傷めてしまうので、
指の腹で優しくマッサージするようにして下さい。

 

 

お風呂で頭を洗った後は毛穴も開いていて
育毛剤の成分が頭皮に浸透しやすくなっているので、
育毛剤をつけてマッサージをするとより効果的です。

 

市販の育毛剤には頭皮に悪い成分を含むものが多いので、
ネットで売られている天然成分のものを選びましょう。

 

 

そして、毛乳頭を活性化しても髪を作るための栄養が
毛乳頭まで届かないと髪を作る原料が不足します。

 

髪の原料は血液によって毛乳頭に運ばれるので、
血流をよくするために有酸素運動が非常に効果的です。

 

 

1回30分以上の有酸素運動を週3回以上続けると
毛細血管の数が30倍から50倍になると言われており、
毛細血管が増えると血液が体中に行き渡りやすくなり、
血流がよくなって毛乳頭まで栄養が届きやすくなります。

 

激しい運動は老化の原因となる活性酸素を作るので、
有酸素運動をするようにして下さい。

 

 

また、自律神経の乱れも薄毛の原因の一つなので、
自律神経を整えると薄毛の改善につながります

 

自律神経が整うと良質な睡眠をとれるようになり、
ストレスを解消できるためです。

 

 

そのために、シャワーでシャンプーを流す時などに
温水と冷水を交互に使って流すと血行がよくなり、
毛乳頭が活性化するだけでなく自律神経も整います

 

その他、以下で解説されていることを実践したら
私は薄毛を改善することができました。

 

≫極楽育毛革命の詳細はこちら

 

 

≫極楽育毛革命の内容と私の体験談へ

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link