白髪改善に効く食べ物

白髪に効く山椒と黒ゴマの効果

髪は頭皮の内側にある毛母細胞で作り出され、
もとは白髪です。

 

日本人の髪が黒いのは、
色素細胞(メラノサイト)によって作り出される
メラニン色素によって黒くなる
ためです。

 

山椒

 

 

白髪は遺伝的な理由、
もしくは食事、喫煙、ストレスといった
後天的な理由で色素細胞が異常をきたし、
メラニン色素が作られなくなることが原因です。

 

山椒が白髪に効くと考えられている理由は、
山椒にはこのメラニン色素の生成を促進する
効果があるためです。

 

 

他にも、山椒には血行促進や保湿効果、
抗酸化作用などもある
と言われています。

 

このような髪にとってプラスの効果があるため、
山椒エキス配合の育毛剤や発毛促進剤も作られ、
販売されています。

 

漢方では山椒を頭皮に塗るという考えもあるようです。

 

 

山椒はスーパーで購入できますし、
塩や胡椒のように食事にかけて摂取できるので
白髪対策としてはお勧めです。

 

上の写真は花山椒ですが、
山椒を食事として食べている地域もあるようです。

 

 

また、山椒は東洋では漢方として用いられ、
西洋では健康食品として摂取されているので、
料理が得意な方は山椒を普段の食事に入れて
体に良いとされるサンショオールなどの成分を
摂取すればより効果が得られる
かもしれません。

 

 

黒ゴマが白髪に効く科学的証明はありませんが、
黒ゴマを食べ続けていたら白髪が黒くなった
という方はたくさんいるようです。

 

黒ゴマ

 

 

黒ゴマにはビタミンE、ビタミンB1、ビタミンB2、
たんぱく質、カルシウム、マグネシウム、食物繊維、
銅、鉄、亜鉛、マンガン、セサミンなどが含まれ、
白髪予防だけなく老化防止効果もあります

 

黒ゴマを摂取する時に1点注意が必要で、
表面が硬いためそのまま摂取しても消化されにくく、
栄養素が吸収されにくいという欠点があります。

 

 

そこで、黒ゴマを摂取する時には
すりゴマにしてから食べる
ようにしましょう。

 

すりゴマにすれば色々な食材と混ぜて食べれるので、
毎日摂取しやすくなると思います。

 

 

そして、黒ごまペーストをパンに付けて食べていたら
白髪が黒くなったという方がいるようです。

 

また、昔NHKのテレビ番組で、
黒ゴマとハチミツをパンにかけて食べていたら
白髪が黒くなったという方が紹介されていたようです。

 

 

しかし、ゴマは油分も多く含んでいるので
白髪に効くからと言って過剰摂取は体に良くありません。

 

1日に大さじ1杯程度食べると良いとされています。

 

 

黒ゴマには体に良い栄養素が多く含まれているため、
女性で白髪が改善したのに加えて美肌になったなど、
体の他の部分にも良い効果が出たという方もいます

 

その他、海草類、黒豆、きな粉なども
白髪に効果があると言われているので、
白髪改善にバランスのとれた食生活を心がけましょう。

 

≫白髪予防に効く飲み物へ

 

 

無添加ヘナの白髪染め体験談トップへ戻る

 

sponsored link