育毛シャンプーの洗い方

ハゲないシャンプーのやり方

68才で髪がフサフサの育毛博士が、
育毛シャンプーを使った髪の正しい洗い方
について解説している動画です。

 

 

 

そして、頭皮や髪を健康な状態に保つためには
毎日寝る前に一回、洗髪をすることが大切ですが、
洗髪する際に気をつけたほうがよい注意点もあり
以下に洗い方のポイントを整理しました。

 

 

1.いきなりシャンプーするのではなく、
  髪のもつれをブラッシングでほどきます。
 (短髪の方は不要)

 

2. 毛穴の汚れを除去したいからといって
  強い成分のシャンプーで頭皮を傷めないようにし、
  洗髪前後のブラッシングは優しく行う。

 

3.頭皮を傷つけない様に注意しながらすすぎ洗いを行います。
  適温は38℃前後のお湯ですが、2、3分行えば十分です。

 

4.シャンプー剤を手に取って泡立てます。
  適量は500円玉程度に少々の水分(お湯)を加えます。

 

5.泡立てたシャンプー剤を頭に付けて髪と頭皮になじませます。
  頭皮全体を指の腹で揉みほぐす様に洗っていきます。
  髪の根元を指でマッサージし、毛穴汚れを落とします。

 

6.シャンプー剤が頭皮に残留すると炎症の原因になるので、
  髪の毛や頭皮のシャンプー剤を洗い流していきます。
  できればぬるま湯で3分はしっかりすすぐようにします。

 

7.髪をこすらない様に、乾いたタオルで水分を取り除きます。
  髪をタオルで挟んだり、押し当てたりして工夫しましょう。

 

頭皮環境と薄毛の改善方法

 

頭皮環境が悪いと髪は発毛しないので、
頭皮環境を整える必要があります

 

しかし、頭皮環境を整えると言うと、
皮脂を除去しようとする方がいますが違います。

 

頭皮環境を整える方法

 

 

頭皮を清潔にすると発毛に良いと考えられていますが、
頭皮を清潔にすれば発毛に繋がる訳ではありません

 

皮脂は頭皮を守るために必要なものなので逆効果で、
皮脂を取り過ぎると補うために過剰に皮脂が分泌され、
頭皮環境を悪化させてしまいます

 

 

皮脂が原因で薄毛やハゲになる、という情報を見て
ゴシゴシ洗って根こそぎ皮脂を除去する方がいますが、
薄毛やハゲになる可能性が高くなってしまいます。

 

洗髪などで皮脂を除去したとしても、
頭皮を守ろうと私達の体は皮脂の分泌量を増やすので
皮脂が減ったりなくなることはない
のです。

 

 

市販のシャンプーや美容院や理髪店のシャンプーは
頭皮に良くない化学成分を含んでいるものが多いので、
頭皮を傷めてしまい抜け毛が増える可能性もあります。

 

必要な皮脂は残して健康な頭皮環境を維持するために、
シャンプーも化学成分を含む洗浄力の強いものではなく
天然成分の頭皮用シャンプーを使用をお勧め
します。

 

≫頭皮にいい育毛シャンプーへ

 

sponsored link

 

 

また、間違ったやり方だと抜け毛が増えるので、
育毛において髪の洗い方は非常に重要です。

 

頭皮を洗う時は強くゴシゴシ洗うのではなく、
指の腹で優しくマッサージして頭皮を洗います。

 

過剰なブラッシングをしない

 

抜け毛・薄毛予防のためにブラッシングを行い、
頭皮の血行を良くすると言う情報がありますが
ほとんどの症状の場合これは間違いです。

 

本来、ブラッシングはの目的としては、
シャンプー前に頭髪の中のゴミを浮かび上がらせ
効率的に洗髪すること
です。

 

 

または髪の長い方が髪を束ねる時に行う行為で、
血行を良くするために行う行為ではないのです。

 

過剰なブラッシングは柔らかい頭皮を刺激し、
痛めるだけでなく毛根を破壊してしまうので
先端が頭皮に当たらないように行って下さい。

 

マッサージをする時のイメージ

 

髪に関して言った訳ではありませんが、
「思考は現実化する(ナポレオンヒル)」
「切に思うことは必ずとぐるなり(道元)」

などと過去の偉人も言っています。

 

そこでシャンプー時に頭皮マッサージを行う時に、
フサフサになるイメージを持つことも大切です。

 

 

また、効果のある育毛剤やシャンプーを使っても
発毛体質になっていなければ高い効果は得られず、
お金を浪費していくだけで不安も大きくなります。

 

そこで、当サイトでは体の内側から発毛体質に変え、
抜け毛を防止した後で外側からの対策をすることで
薄毛改善に効果のある方法を紹介しています。

 

シャンプー・育毛剤より大切なこと

 

発毛率8割などと宣伝されている育毛剤がありますが、
データには産毛も含まれていて発毛した髪で最終的に
太く健康に育つ割合は8分の1程度
ということです。

 

発毛剤には頭皮環境を整える効果はほとんどないので、
やはり日々のケアで頭皮環境を整えるしかありません。

 

 

また、近年増加しているアトピー性皮膚炎や鼻炎など、
アレルギー体質の方は髪や頭皮の洗い方を間違えると
頭皮の状態をさらに悪化させてしまうので要注意です。

 

発毛にとって大切なことは育毛剤を使うことではなく、
髪が抜けても生え代わる状態に頭皮を改善することで
それには頭皮を正常な状態にすることが大切です。

 

 

症状によって効果が出るまでに個人差がありますが、
頭皮環境が整えば少しずつ改善していきます。

 

男性ホルモンも皮脂の分泌量に関係しているので、
男性ホルモンを抑える食事や生活も大切
です。

 

 

頭皮の状態が悪いと発毛したとしても栄養が届かず、
健康な髪が育ちません。

 

以下は自然治癒力を高め、頭皮環境を整えることで
私が薄毛を改善することができた方法です。

 

≫極楽育毛革命の内容と体験談へ

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link