育毛シャンプーの頻度

お湯洗いでも汚れは落ちる

頭皮の汚れや皮脂が抜け毛の原因と、
育毛シャンプーを使って頭皮をゴシゴシ
洗っている方がいますが逆効果
です。

 

まず、皮脂は頭皮を守るためにあるので、
過剰に皮脂を除去すると不足を補うために
頭皮はさらに皮脂を分泌するようになります。

 

育毛シャンプーの頻度

 

 

そして、毛穴汚れを落とそうとして強く洗うと
頭皮が傷つき、抜け毛が増えてしまいます。

 

また、洗浄力の強い育毛シャンプーには
頭皮に良くない成分がたくさん含まれているので、
毎日使っていると頭皮は弱り
薄毛の原因になります。

 

 

シャンプーがない昔はお湯で髪を洗っていて、
みんなフサフサの黒髪でした

 

シャンプーだけが原因ではありませんが、
化学成分を含むシャンプーを使っていることが
抜け毛の原因になっていることは確かです。

 

 

お湯洗いで頭皮の汚れの7〜8割は落ちるので、
毎日シャンプーで洗う必要はありません。

 

外で運動したりしてたくさん汗をかいた時以外、
私は夏は2日1回、冬は3日に1回くらいしか
シャンプーを使いませんが抜け毛は減りました

 

 

毎日シャンプーを使っていて薄毛治らない方は
最初は少し違和感を感じるかもしれませんが、
シャンプーを使って洗う頻度を2日に1回にして
お湯洗いを試してみて下さい

 

そうすると頭皮に良い高級シャンプーを使っても
長持ちするので、お金もかかななくなります^^

 

 

以下は、私が使っているシャンプーの体験談です。

 

≫ウーマシャンプーの体験談へ

 

sponsored link

 

頭皮に良くないシャンプーを避ける

 

育毛剤などを使用して抜け毛対策をしていても、
頭皮に悪い成分を含むシャンプーやリンスを使って
頭皮を傷めてしまったら育毛どころではありません。

 

頭皮に悪影響を及ぼす育毛シャンプーを使用すると、
必要な皮脂が剥がれ落ち脱毛症の原因になるので、
ラウリル硫酸ナトリウムやラウレス硫酸ナトリウム
が入っているものは使用しないようにしましょう。

 

 

育毛シャンプーを使っているのに効果が現れないのは、
使用しているシャンプーに原因があるかもしれません。

 

シャンプーは多くの種類が販売されており、
大きく分けて4種類のシャンプー剤に分類されますが、
それぞれの特徴を解説していきます。

 

 

1.石鹸シャンプー

 

石鹸シャンプーの多くは天然成分で作られているので、
人体に害を与える成分は含まれません。

 

最近では100%手作りで育毛効果のあるものもあり、
安全ですが髪がきしむので敬遠する方もいます

 

 

2.石油系シャンプー

 

近年は環境問題で製造業者も製造しなくなりましたが、
ひと昔前まではこのタイプが多く販売されていました。

 

環境に悪いということは当然頭皮にも良くないので、
使用を避けるべきシャンプーです。

 

 

3.アルコール系シャンプー

 

原価が安く、加工もしやすいので業者が大量生産し、
最も多く販売されています。

 

名前に高級と付いていてもは質が良い訳ではなく、
含まれている炭素数が多いことを示しているだけで
炭素数が多いとニキビや肌荒れの原因になります

 

 

また、洗浄力が強いので汚れは落としてくれますが、
同時に必要な皮脂まで取ってしまうことがあるので
肌や頭皮に良くないシャンプーです。

 

 

4.アミノ酸系シャンプー

 

弱酸性アミノ酸シャンプーは刺激が弱く安全で、
必要なコレステロールなどは皮膚に残したまま
頭皮の汚れだけを洗い流してくれます。

 

 

他のシャンプー剤と比べてシャンプー後に
頭皮のスッキリ感は味わえないかもしれませんが、
必要な皮脂を残してくれている証拠です。

 

原価が高いため価格も他のシャンプーより高いですが、
髪がきしむことはないので人気があります。

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link