プロペシア 肝臓と癌の副作用

肝臓を壊した体験談と癌の可能性

プロペシアは肝臓で代謝されるため、
少なからず肝臓に負担がかかる薬です。

 

肝臓の副作用は科学的に証明されていませんが、
プロペシア服用後に肝臓の数値がかなり上がって
服用を中止した方もいます

 

プロペシアの肝臓への副作用

 

 

他にも以下のような報告があります。

 

副作用が治るのに9ヶ月…

 

プロペシアを3ヵ月服用して出た肝臓の副作用は、
ある程度治るのに9ヵ月もかかったとのことです。

 

プロペシアで肝臓を壊してしまった場合
薬で治すのは難しいということが分かっており、
この方は完全に治ってはいないとのことです。

 

 

服用を止めても症状が完治しなかったので、
病院で検査したら肝臓の数値は異常なしでしたが、
右腹上部の痛みや頭痛、吐き気、悪心、不眠
といった他の症状が出た
とのことです。

 

男性ホルモン減少で癌の可能性

 

プロペシアには男性ホルモンを抑制する
効果がありますが、男性ホルモンが減ると
体内の女性ホルモンの割合が増えます。

 

女性に多い病気の乳がんや子宮体癌は
女性ホルモン値が上がることで発症するので、
女性はプロペシアの使用が禁止されています

 

 

癌の直接の原因ではないかもしれませんが、
科学的に証明されていないだけで可能性がないと
決めつけてしまうのも危険だと思います。

 

そして、プロペシアには性欲減退、精子の減少、
勃起機能の低下といった副作用があるだけでなく、
使用を止めても後遺症として症状が残る方がいます

 

 

ただでさえ癌患者が多くて医療費が足りないのに
プロペシアを服用することで癌になる人が増えたら、
政府の予算はますます厳しくなります。

 

よって、癌になる可能性が高いなら
政府がプロペシアの使用を認めないと思いますが、
癌にならないからといって安心してプロペシアを
服用できるかというとそれも間違っています

 

 

プロペシアの肝臓への影響に関して、
一般財団法人、日本医薬治療センター(JAPIC)は
本剤は主に肝臓で代謝されるが、肝機能障害のある
患者に投与した場合の安全性は確認されていない

という使用上の注意を発表しています。

 

プロペシアは肝臓で分解されますが、
データがないために肝機能障害のある方への投与が
慎重に行われているようです。

 

sponsored link

 

副作用が出ると治すのは大変に

 

肝臓回復に良いと聞いてしじみ汁を飲んでいたら
鉄分が消化できず肝臓に溜まり悪化した事例があり、
肝臓が悪い方は食べ物で治そうとしないことです。

 

 

肝臓を治すために大切なことは
肝臓に負担をかけずに自然治癒力を高めることで、
食事については高カロリーや油っこい料理を控えて
肝臓に負担をかけないようにするのが一番
です。

 

フルーツや野菜といった低カロリーの自然食など、
肝臓に負担のかからない食事を摂りましょう。

 

 

最後に適度な運動ですが、
有酸素運動を行って汗をかくとストレス解消でき、
血行がよくなるので週3回程度行いましょう

 

あとは体を横にして休めると肝臓に血液が回り、
肝臓の回復を促進することができます。

 

 

プロペシアで薄毛が改善できそうに思えますが、
高い効果を感じた方は1割程度という結果もあるので
使用は慎重に決めたほうが良いと思います。

 

≫プロペシア・フィナステリドは効果なしへ

 

 

≫プロペシア・フィナステリドの副作用と後遺症へ

 

sponsored link