プロペシアの副作用 心臓の動悸

心臓の動悸が激しくなる方がいる

心臓の動悸はミノキシジルの副作用で
プロペシアで動悸は証明されていませんが、
プロペシアを服用して動悸が出た方がいます

 

心臓の動悸はプロペシアを飲み始めて、
2週間後から出始めたという方もいれば
4ヶ月後に突然出始めたという方もいます

 

プロペシアの動機の副作用

 

 

原因は不明ですが、他の副作用を心配し、
不安な気持ちでプロペシアを飲み続けることで
動悸が起こるのではないかという説があります。

 

プロペシアの服用後に動悸を感じた方の中で
運動をしたら動悸が治まったという方がいたので、
既に動悸を感じている場合はジョギングなどの
軽い運動を行うと症状が治まるかもしれませんが、
動悸を止めるには服用を止めるのが一番です。

 

 

ただし服用を止めるとプロペシアの効果は消え、
抜け毛が増えて、動悸が収まらない方もいます

 

プロペシアは服用を止めても副作用の症状が
後遺症として残ったという報告もされるなど、
プロペシアの副作用については不明な点が多く、
自分の体で人体実験する覚悟が必要です。

 

 

安いという理由で個人輸入して服用した場合、
副作用が出た時に病院へ行ってもプロペシアに
詳しい医師がいないと処置が遅れる
ので、
服用する場合はクリニックの医師や発毛診断士の
アドバイスを受けて使用することをお勧めします。

 

 

個人ではプロペシアを飲むだけだと思いますが、
クリニックでは食生活の改善、有酸素運動、睡眠、
ストレス発散など様々な指導があると思います。

 

これらを総合的に対策した上でプロペシアを飲むと、
薄毛が改善される可能性が出てくるのだと思います。

 

 

しかし、日本のクリニックの医師は
プロペシアについての知識が乏しいので、
医師に服用してもらっても安全とは言い切れません。

 

また、プロペシアを6カ月間服用し続けても
髪がフサフサになった方はほとんどいない
ので、
副作用や後遺症のリスクを考えるとプロペシアを
使用しない方法で薄毛改善に取り組むべきです。

 

≫プロペシア・フィナステリドは効果なしへ

 

 

また、プロペシアの副作用と後遺症について
以下でより詳しく解説しています。

 

≫プロペシア・フィナステリドの副作用と後遺症へ

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link