プロペシアの副作用・後遺症・危険性

副作用だけでなく後遺症も危険

プロペシア(フィナステリド)の主な副作用は、
性欲減退精子の減少勃起機能の低下です。

 

副作用の確率は性欲の減退が1〜5%未満
勃起機能低下と精子減少が1%未満と低いですが
後遺症の危険性があります

 

プロペシア

 

 

さらに、副作用が3カ月続いた方の96%以上は
平均14カ月症状が改善されていない
というように、
使用をやめても副作用が続くデータが出ています。

 

そして、副作用や後遺症が出てから病院に行っても、
日本の医師はプロペシアに関する知識が乏しいので
正しい治療を受けられない方が多い
とのことです。

 

 

女性化乳房という女性のように胸が膨らんでしまう
副作用も可能性は低いですが出ることがあるようです。

 

最近ではうつ病になる方もいるとの報告も出ており
必ず副作用が出たり後遺症が残る訳ではありませんが
プロペシアを使用するのは危険です。

 

米国では訴訟問題が起きた

 

米国では度々プロペシアの訴訟問題が起きていて、
2012年の2月に後遺症で50人が提訴しました

 

副作用や後遺症の危険性について色々なことが分かり、
アメリカでのプロペシア(フィナステリド)の売上は
2012年から2013年にかけては37%も落ち込みました

 

 

日本では医師が普通に処方できますが、
海外では育毛薬としては認められておらず
様々な問題から使用禁止の方向に進んでいます。

 

ノコギリヤシとの併用は危険

 

まず、ノコギリヤシとプロペシアの違いですが、
ともに前立腺肥大と抜け毛に対して効果があり、
プロペシアの効果は科学的根拠があるのに対し
ノコギリヤシの効果は科学的な証拠はありません

 

また、プロペシアは効果が高いが副作用があり、
ノコギリヤシは効果は低いが天然成分で安全です。

 

 

プロペシアとノコギリヤシを併用した場合、
男性器に副作用が出る可能性があります

 

理由はプロペシアとノコギリヤシに含まれている
成分はどちらもDHTの生成を抑制する効果を持ち、
2つが混ざるとDHT以外の男性ホルモンにも作用し、
プロペシアの副作用が出る可能性が高まるからです

 

 

ノコギリヤシとプロペシアを組み合わせて服用し
より高い効果が得られたという方がまれにいますが、
たまたま運がよかったとしか考えられません。

 

これを鵜呑みにして同じことをしても、
副作用の危険性が高まるだけなのでやめましょう。

 

 

副作用を覚悟して効果の高いプロペシアを飲むか、
効果は低いが安全なノコギリヤシを飲むかについて、
私はノコギリヤシから試したほうが良いと思います。

 

 

理由の一つは、プロペシアを服用しても
髪がフサフサになる程の高い効果を得る方は少ない
ということです。

 

プロペシアで薄毛が治る方は少ない

 

下の表は6か月使用した200人に対して
フィナステリドを使用して抜け毛の量が減ったか?
というアンケートを行った結果ですが、
減ったが約31%で非常に減ったは約16%です。

 

プロペシアの効果

 

プロペシア(フィナステリド)は
ジヒドロテストステロンを抑えることで
抜け毛が減ることは実証されていますが、
髪がフサフサになった方は少ないのが現実です。

 

 

プロペシアで薄毛が改善したという方がいますが、
かなりラッキーな方だと思います。

 

実際は薄毛が改善される確率は低く、むしろ
テストステロンが減少することで引き起こされる
神経系の病気であるEDやうつ病の危険性があります

 

 

200人とデータは多くありませんが、
髪のボリュームが非常に増えたと回答したのは3%
という結果も出ており、効果を感じた方が少ないので
副作用や後遺症の可能性があるのに使用するのは危険です。

 

プロペシアは使用をやめると効果がなくなるので、
副作用の心配をしながら使用し続けなければならず、
最初はよくても徐々に不安になる方もたくさんいます。

 

 

育毛専門クリニックに通って医師に診てもらいながら
使用すれば大丈夫と考える方もいるかもしれませんが、
日本の多くの医師はプロペシアに関して知識不足です

 

プロペシアを使用した場合、
副作用や後遺症が起こる可能性は低いが、
起こらないと断言できない、と
あやふやな回答をした医師がいるとのことです。

 

 

副作用により健康を損なっては意味はないので、
以下で紹介しているようなプロペシアを使わない
安全な薄毛改善方法を知って欲しいと思います。

 

副作用なしで私が薄毛を改善することができた
体験談もシェアしているので参考にして下さい。

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link

プロペシアの副作用と後遺症 メニュー

プロペシアで心臓の動悸の副作用

心臓の動悸はミノキシジルの副作用でプロペシアで動悸は証明されていませんが、プロペシアを服用して動悸が出た方がいます。心臓の動悸はプロペシアを飲み始めて、2週間後から出始めたという方もいれば4ヶ月後に突然出始めたという方もいます。原因は不明ですが、他の副作用を心配し、不安な気持ちでプロペシアを飲み続け...

≫続きを読む

 

プロペシアの副作用 むくみ・うつ病

むくみはミノキシジルの副作用ですが、プロペシアで顔にむくみの副作用が出たという方が少数ですがいます。また、プロペシアはDHTを抑制するので抜け毛を減らす効果があると言われていますが、腦脊髄液内の神経ステロイドも減少させます。そのために自律神経のバランスが崩れ、それが続くとうつの症状が出る可能性がある...

≫続きを読む

 

プロペシアの副作用 肝臓に負担と癌の可能性

プロペシアは肝臓で代謝されるため、少なからず肝臓に負担がかかる薬です。肝臓の副作用は科学的に証明されていませんが、プロペシア服用後に肝臓の数値がかなり上がって服用を中止した方もいます。他にも以下のような報告があります。副作用が治るのに9ヶ月…プロペシアを3ヵ月服用して出た肝臓の副作用は、ある程度治る...

≫続きを読む

 

プロペシアの初期脱毛でスカスカ!副作用の確率・期間・本数

プロペシア服用による初期脱毛は科学的に証明されている訳ではありませんが、実際に初期脱毛を感じた方は多くいます。これは乱れた毛周期のを整えるために不具合がおきている髪が抜け落ちるためと言われており、1日の抜け毛の本数は多い方で400〜500本、1回のシャンプーで100本以上抜ける方もいるようです。初期...

≫続きを読む

 

プロペシアで生えるまでの期間・確率 亜鉛との併用・飲み合わせ

プロペシアで果が得られた方はいますが、効果が表れるまでの期間は人によります。1ヶ月で効果が出た人もいれば3ヶ月の人や1年後に効果が現れたという人もいます。プロペシアは抜け毛の原因となるDTHを抑えますが、体内のDHTの量や生成されやすい体質などが関係し髪が生えるまでの期間に差が出るのだと思われます。...

≫続きを読む