ミノキシジル かゆみの副作用

目の充血・晴れ・痒み対策はない

ミノキシジルの副作用で痒みが出ることがあり、
痒み程度と甘くみて使用を続ける方がいますが
頭部をかくと頭皮を傷め抜け毛の原因になります

 

また、ミノキシジルを使用し1週間くらいすると
副作用で目の充血や目の腫れが出る方がいます。

 

ミノキシジルの痒みの副作用

 

 

ミノキシジルを使って出た副作用を抑える
科学的に証明された有効な対策はない
ので、
痒みを抑えるには使用を止めるしかありませんが、
ミノキシジルを使用した後で発毛し、生えた髪は
使用を止めると全て抜けてしまいます。

 

目の充血や痒みくらいと使用し続けると、頭痛、
倦怠感、体のむくみ、心臓の動悸、体毛増加など、
他の副作用が出る可能性があります

 

炎症や湿疹、脂漏性皮膚炎なども確認されており、
比較的濃度の低いミノキシジル5%の育毛剤でも
副作用が出る方がたくさんいます

 

 

よって、日本では育毛剤と同じような感覚で
使用されていますが、海外では認識が異なり、
ミノキシジルタブレット(正式名 ロニテン)を
育毛薬として認めている国は1つもありません

 

海外ではミノキシジルタブレットを服用する際、
血液、心電図、エコーなどの検査が必要なのと
ミノキシジルと一緒に服用すべき薬がありますが
日本では処方されていません。

 

 

痒みや目の腫れが出たということは
副作用が出やすい体質であると思うので、
他の副作用が出る前に使用を止めるべきです。

 

≫ミノキシジルの副作用と確率へ

 

実験で動物が瀕死の状態に…

 

オーストラリアで飼い主が頭につけていた
ミノキシジルの育毛剤をペットの猫が舐めたところ
心不全で瀕死の状態をさまよった事例があります。

 

犬、ミニブタ、ネズミ、及びハムスターでは、
左室の乳頭筋の壊死と心内膜下領域の壊死が生じ、
2〜3日続いているのを見られました

 

 

78人のミノキシジルを使用した人間については
動物と同じ症状は起きなかったとのことですが、
データーをとった人数が少ないので人間に障害が
起こる可能性はないと断言できないようです。

 

髪が生える土台となる体の状態が悪ければ
ミノキシジルを使っても高い発毛効果は得られず、
副作用のリスクがあるだけです。

 

 

よって、ミノキシジルを使わず副作用のない方法で
薄毛改善に取り組んだほうがよいと思います。

 

以下で、私が薄毛を改善することができた
自然治癒力による安全な発毛法を紹介しています。

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link