ミノキシジル 動悸の副作用

動物実験で心臓が破裂した…

薄毛と心臓病の関連性について
心筋梗塞など、何らかの心臓病を抱えている
東京大学が約4万人のデータを検証したところ、
患者の70%が薄毛であるという研究結果が
イギリスの医学誌で発表されました。

 

よって、薄毛と心臓の関係は解明されていませんが、
心臓病になるほどひどい血行不良が起きている場合
薄毛になる可能性は非常に高い
と言えます。

 

ミノキシジルによる心臓の動悸

 

 

ミノキシジルタブレットを飲む動物実験で、
犬の心臓が破裂した事例があるようです。。。

 

そして、1999年に育毛剤リアップの販売開始後、
動悸や胸の痛みなどの副作用を訴える方が増加し、
2000年には大正製薬の増毛剤リアップを使用して
死亡した男性が3人いた
とのことです。

 

 

他には以下のような事例も報告されています。

 

 

・50代 男性

 

もともと血圧が高いほうで
使用後に心臓の動悸が激しくなり
危険だと感じて使用を止めたとのことです。

 

医師に相談しても使用しないほうがよいと
診断されたようです。

 

 

・40代 男性

 

健康面に問題があった訳ではありませんが、
使用後に心臓の動悸が激しくなったようです。

 

それでも半年使用し続けていたところ、
フケが大量に出て頭の皮膚がただれ始めた
ので使用を止めたとのことです。

 

 

・30代 男性

 

気にならない程度ですが、
心臓の動悸が少し出たとのことです。

 

よって、血圧が高い方は
使用する際には特に注意が必要です。

 

 

副作用が出て使用を止めると効果が無くなり、
使用後に生えた髪は抜け落ちてしまいます

 

そして、心臓の動悸だけでなくミノキシジルには
痒み、皮膚炎、血圧、頭痛、体毛が濃くなるなど、
色々な副作用があるのでお勧めできません。

 

≫ミノキシジルの副作用と確率へ

 

 

ミノキシジルで薄毛が治ると思われていますが、
高い効果を得る方は少なく、リスクもあります。

 

副作用のあるミノキシジルを使わなくても
薄毛を治すことは可能
で、以下で私が実践して
効果のあった発毛法を紹介しています。

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link