後頭部の薄毛改善

後頭部の薄毛の原因と対策

やっかいな男性ホルモンが原因ではないので、
後頭部のは頭頂部より対策が簡単です。

 

後頭部の薄毛改善

 

 

そして、後頭部の薄毛は
以下の3項目に対策すれば自分で改善できます

 

1.血行不良
2.ストレス
3.食生活の乱れ

 

 

以下に一つずつ解説していきます。

 

ストレス

 

ストレスや疲労が溜まると血行が悪くなります

 

東洋医学で髪は血余(けつよ)と呼ばれており
髪は血液の余りで作られると考えられています。

 

 

よって、血行が悪くなると頭部まで血液が届かず
髪の原料が足りるので、ストレスを溜めないために
リラックスしたりリフレッシュする時間を作ったり、
疲れを取るために十分な睡眠をとることが大切です

 

 

喫煙も、煙草を吸った時は気持ちよくなるので
リラックスしたように感じますが血行が悪くなり、
ニコチンが切れた時に強いストレスを感じます。

 

お酒も飲みすぎると睡眠が浅くなり、
疲労が溜まってストレスの原因になるので、
タバコをやめて飲酒も適量にする必要があります

 

血行不良

 

血行不良と言うと頭皮の血行と考える方がいますが、
食事で摂った栄養は血液により頭部に運ばれるので
体全体の血行を良くする必要があります

 

髪を育てるのに良い食事を摂っても、
体の血行が悪いとその栄養が頭皮まで運ばれません

 

 

体全体の血行を良くするために
適度な筋トレと有酸素運動がお勧めです。

 

1回30分以上の有酸素運動を週3回以上行うと、
運動しない時と比べて毛細血管が30倍〜50倍に増え

これによって体の隅々まで血液が運ばれるようになり
髪に必要な栄養が頭皮にも行き届くようになります。

 

 

また、筋トレで筋肉を増やすと体が温まりやすくなり、
運動して汗をかくとストレス解消効果が得られるので
有酸素運動の効果を高め、ストレス対策にもなります。

 

私は毎日、腕立て、腹筋、背筋30回ずつと、
30分のジョギングを週3回程度行っていますが、
抜け毛が減り、薄毛改善に効果があると感じています。

 

 

体全体の血行を良くしたら次に頭皮の血行です。

 

頭部は体の一番上にあるため、
重力により頭皮が下に引っ張られて固くなり
血行が悪くなりやすい部位なので、
頭皮の血行を良くするために頭皮マッサージを
行って対策する必要があります

 

私は頭皮マッサージをシャンプー時に行っていますが、
頭は毎日洗うので簡単に習慣化できています^^

 

食生活の乱れ

 

ストレス、血行不良の対策ができたら次は食事ですが、
健康に良いバランスのとれた食事を摂りましょう

 

ファーストフード・インスタントフードなどの
ジャンクフードは食べないほうがよいのですが、
全く食べないのは逆にストレスが溜まってしまうので
私は月1・2回はOKにしています。

 

 

また、食べた食事は胃で消化し腸で吸収されるので、
胃腸を健康な状態に保つことも大切
です。

 

よって、消化の悪い脂っこい料理は避けるようにし、
食べ過ぎにも注意しましょう。

 

抜け毛予防に効く飲み物

 

ダメもとで豆乳の牛乳割りを朝と晩に飲み、
間食として黒ごまを食べていたら2週間位で
頭頂部から後頭部の抜け毛が減った方がいます

 

以前は洗髪時にゴッソリ髪が抜けていたのが、
洗髪しても抜け毛が4〜5本になったそうです。

 

豆乳の牛乳

 

 

簡単にできて続けやすいので、
抜け毛が多い方は試してみる価値はあると思います。

 

ただし、豆乳と牛乳は飲みすぎるとよくないので、
朝と晩2回位がちょうどよい
と思います。

 

 

私はこれらに加え、リラックス+体の内側と外側から
薄毛の根本原因に対策する以下の育毛法を実践したら、
頭部全体の薄毛を改善することができました。

 

≫極楽育毛革命の詳細はこちら

 

 

≫極楽育毛革命の内容・体験談へ

 

 

≫生え際の後退が復活する前髪回復方法へ

 

sponsored link