ヘアサイクルの乱れの原因を改善

ヘアサイクルの乱れを正常化

成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期という周期
髪は生え変わり、ヘアサイクルと呼ばれています。

 

ヘアサイクル改善

 

 

成長期は毛乳頭から栄養分を受け取った
毛母細胞が分裂を繰り返して髪が成長する期間で、
男性は通常2〜6年、女性は4〜7年位続きます

 

そして、成長期の髪の毛は全体の85〜90%で、
残りは退行期か休止期になります。

 

 

退行期は毛球が小さくなって栄養が届かなくなり、
毛母細胞の分裂が衰えている状態です。

 

これは髪全体の約1%で、2〜3週間続きます。

 

 

休止期は毛母細胞の活動が完全に止まっており、
髪の9〜14%で、期間は約2、3ヶ月です。

 

休止期になると髪の毛は自然に抜け落ち、
健康な方でも1日に約50本〜100本抜けます。

 

 

このヘアサイクルが乱れると髪が成長する前に抜け、
抜け毛が増えるので薄毛やハゲの原因になりま
す。

 

育毛で大切なことは、髪の正常な成長のために、
毛母細胞に栄養をしっかり送り続けることです。

 

 

どんなに健康な髪もヘアサイクルにより抜けますが、
正常なら同じ毛穴からまた新しい髪が生えてくるので
そのためにも髪の栄養となる食事を摂ることです。

 

そして、栄養は血液で頭皮の毛乳頭まで運ばれるので、
血行が悪いと栄養を摂っても髪が作られません。

 

 

そこで、乱れたヘアサイクルを戻すために、
有酸素運動などで体の血行を良くすると同時に
頭皮マッサージで頭皮の血行も良くすると効果的です

 

≫頭皮を柔らかくするマッサージ方法へ

 

sponsored link

 

毛根の構造と髪の成長の仕組み

 

ヘアサイクル改善

 

髪はタンパク質であるケラチンで構成され、
頭皮から上に生えている部分を「毛幹」、
頭皮の下に隠れている部分を「毛根」と言います。

 

そして、毛根の先に膨らんだ部分が「毛球」で、
その内側に「毛乳頭」があります。

 

 

毛乳頭は毛細血管を通って運ばれたきた栄養分を
毛母細胞に与える役目をしています。

 

毛母細胞は栄養を受け取って細胞分裂を繰り返し、
増殖して毛幹として頭皮から生えてきます

 

 

毛幹は中心から三つの層で構成されており、
内側からメデュラ(毛髄質)、コルテックス(毛皮質)、
キューティクル(毛小皮)と呼ばれています。

 

メデュラは毛幹の中心部分で細胞と空気を多く含み、
栄養を吸い上げます。

 

 

コルテックスは毛幹の大部分を占める割合で、
髪の色を決めるメラニン色素を含む繊維状の細胞です。

 

キューティクルは魚のうろこ状に何層にもなり、
髪の内部を保護する役目をしています。

 

 

育毛剤やシャンプーは刺激も強く自分の頭皮の状態、
髪の性質などに合ったものを使用しなければ逆効果
です。

 

よって、育毛剤などで育毛ケアを行う場合に、
髪に関する正しい知識を知っておかなければいけません。

 

 

髪や育毛に関する正しい知識や私が薄毛を改善した
体験談について以下で詳しく解説してます。

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

 

≫抜け毛&薄毛対策に効くツボへ

 

sponsored link