ヘアサイクルを正常化

ヘアサイクルの乱れを原因から改善

成長期⇒退行期⇒休止期⇒成長期という周期
髪は生え変わり、ヘアサイクルと呼ばれています。

 

ヘアサイクル改善

 

 

成長期は毛乳頭から栄養分を受け取った
毛母細胞が分裂を繰り返して髪が成長する期間で、
男性は通常2〜6年、女性は4〜7年位続きます。

 

そして、成長期の髪の毛は全体の85〜90%で、
残りは退行期か休止期になります。

 

 

退行期は毛球が小さくなって栄養が届かなくなり、
毛母細胞の分裂が衰えている状態です。

 

これは髪全体の約1%で、2〜3週間続きます。

 

 

休止期は毛母細胞の活動が完全に止まっており、
髪の9〜14%で、期間は約2、3ヶ月です。

 

休止期になると髪の毛は自然に抜け落ち、
健康な方でも1日に約50本〜100本抜けます。

 

 

ヘアサイクルが乱れると成長期の前に髪が抜け、
抜け毛が増えて薄毛やハゲの原因になります

 

育毛で大切なことは、髪の正常な成長のために、
毛母細胞に栄養をしっかり送り続けることです。

 

ヘアサイクルの乱れを改善・正常化

 

健康な髪もヘアサイクルにより必ず抜けますが、
正常なら同じ毛穴から新しい髪が生えてくるので
そのためにも髪の栄養となる食事を摂ることです。

 

栄養は血液で頭皮の毛乳頭まで運ばれるため、
血行が悪いと栄養を摂っても頭皮に届かないので
有酸素運動をして血行をよくすることも大切
です。

 

 

有酸素運動にはストレス解消効果もあります。

 

食事を改善し、血行促進とストレス発散効果のある
軽い筋トレ(腕立て・腹筋・背筋)を毎日30回ずつ、
有酸素運動(30分のジョギング)を週3回行ったら
私は少しずつ抜け毛が減り始めました

 

 

睡眠不足や過剰なストレスも
ヘアサイクルの乱れの原因になるので、
質のよい睡眠を十分な時間とることも
ヘアサイクルの正常化のポイントです。

 

自律神経を整えると睡眠の質が高まり、
ストレス解消や成長ホルモンが出ることで
抜け毛予防や育毛にも効果的です。

 

 

そのためにシャワーでシャンプーを流す時などに
温水と冷水を交互に使って流すと血行がよくなり、
毛乳頭が活性化するだけでなく自律神経も整います

 

また、シャンプーをした時に抜け毛が多いと
マイナスイメージを持ってしまいがちなので、
正しい情報を知って気にしすぎないことです。

 

≫洗髪時・一日・季節別の抜け毛の本数へ

 

sponsored link

 

私が薄毛を改善できた極楽育毛法

 

育毛というと抜け毛予防シャンプーや
発毛効果を強調した育毛剤を使って、
外からのケアを行う方が多いと思います。

 

私も以前は高価なシャンプーや育毛剤で
外からのケアを一生懸命行っていましたが、
効果はほとんど得られませんでした

 

 

土壌が悪いと肥料を与えても良い植物が育ちませんが、
土壌にあたる体や頭皮の状態が悪いのに肥料にあたる
シャンプーや育毛剤を使っても発毛しないのは当然
です。

 

よって、良い土壌から健康な植物が育つのと同じように、
まずは髪が生える土壌である体を整える必要があります。

 

 

そして、以下で解説されていることを実践したら
私は薄毛を改善することができました。

 

≫極楽育毛革命の詳細はこちら

 

≫極楽育毛革命の内容と体験談へ

 

 

以下で私が薄毛を改善した体験談を紹介しています。

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link