青りんごの発毛・育毛効果

りんごの選び方と効果的な食べ方

りんごには、貧血改善に効果のある鉄や
塩分(ナトリウム)を体外に出すカリウム、
脱毛症を予防する亜鉛、有機酸、繊維質、
ビタミンCなどが多く含まれていますが、
プロシアニジン(リンゴポリフェノール)
という発毛に効く成分が含まれています。

 

りんごには発毛に必要なビタミン類も含まれており、
ハゲの人がりんごを食べ続けたら1年後に発毛して
フサフサになったのをテレビでみたことがあります

 

りんご

 

 

赤いりんごより青いりんごに
プロシアニジンは多く含まれており、
熟したりんごより未熟なりんごのほうが
プロシアニジンを多く含んでいます。

 

1日に半分食べればOKです。

 

 

また、熟したりんごでも皮に近い部分には
プロシアニジンが多く含まれているとのことです。

 

よって、皮ごと食べると効果が得られますが、
皮に農薬がついていると体によくないので
皮ごと食べる場合には無農薬のりんごがお勧め
です。

 

sponsored link

 

りんごの食べ方とジュースの飲み方

 

りんごの食べ方には皮ごと食べる、皮を剥いて食べる、
すりおろして食べる、ジャムにして食べるがありますが、
ジュースにして飲むと吸収率が一番高くなります

 

100%のりんごジュースは飲みにくい場合があるので、
その場合には水を加えてかまいません。

 

 

無農薬のりんごは値段が高いですが、
食べるにはいまいちな未熟なりんごなら安いので、
無農薬の未熟なりんごをジュースにして皮ごと摂取する
というのが安くて発毛効果が最も期待できる
と思います。

 

あと、りんごを摂取する時間帯はいつでも良いのですが、
食事と分けて摂るようにしたほうが体に良いと思います。

 

 

フルーツはフルーツのみで食べたほうが良いので、
りんごを食べたら30分あけて食事を摂りましょう

 

これは、フルーツは消化済みの食べ物で
通常15分で胃を通過して腸に移動しますが、
他の食事と一緒にとると胃に留まって腐ってしまい、
有効成分が腸で吸収されなくなってしまうからです。
(バナナのみ45分で胃を通過します。)

 

 

そして、午前4時から正午までは
排出のサイクルで胃に負担をかけないほうがいいので、
朝食でりんごを食べるのが効果的だと思います。

 

他にも整腸作用、疲労回復、食欲増進、虫歯予防、
肺癌や大腸癌の予防、脳卒中や高血圧症の予防、
コレステロ−ルを抑制、血液をサラサラにするなど、
たくさんの健康効果があることが分かっています。

 

 

現代人は食べ過ぎで死ぬと言われるほど過食で、
抜け毛の原因となる食べ物を避けることも大切です。

 

過剰摂取すると髪に悪い食べ物・ミネラルについて
以下で解説しているので、避けるようにして下さい。

 

≫抜け毛の原因になるミネラルへ

 

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link