緑茶と紅茶のDHT抑制効果

緑茶と紅茶のDHT抑制効果を比較

緑茶と紅茶のDHT抑制効果を調べてみました。

 

まず、緑茶だけだとDHTが増えてしまいますが、
大豆食品と緑茶を一緒に摂るとDHTが抑制される
ことが研究により分かっています。

 

緑茶

 

 

よって、緑茶のみではDHTは増えてしまうが
大豆食品と一緒に摂取すればDHT抑制が可能で、
食事をする時に一緒に飲むだけで効果があります。

 

加工されたペットボトルの緑茶は効果がないのと、
緑茶には利尿作用があるので飲み過ぎに注意です。

 

 

ただ、緑茶と大豆食品の組み合わせは
生殖器の増大、 精子の増加、 骨格・筋肉の成長、
やる気、行動力の増進など体に良い効果をもたらす
テストステロンを減らすことも分かっています

 

緑茶と大豆食品の組み合わせは注意

 

緑茶のみの場合は飲まない場合と
テストステロンの量は変わりませんが、
緑茶と大豆食品を一緒に摂取すると減少した
という結果が得られています。

 

緑茶と大豆食品の組み合わせはDHTを抑制するが、
テストステロンも減らしてしまうので一長一短です。

 

sponsored link

 

紅茶と大豆食品の組み合わせがお勧め

 

そこでお勧めなのが、
紅茶と大豆食品の組み合わせになります

 

紅茶に関しての研究も行われており、
紅茶と大豆食品の組み合わせはDHTを抑制し、
テストステロンも減らない
という結果が得られています。

 

紅茶

 

 

日本人にとって大豆食品をを食べながら紅茶を飲むのは
違和感があると思いますが、抜け毛予防に効果的です。

 

紅茶と大豆食品の組み合わせが苦手という方は、
緑茶も飲み過ぎなければ大丈夫だと思いますので
大豆食品を食べる時に緑茶を少し飲むようにしましょう。

 

 

DHTは良性の男性ホルモンである
テストステロンが毛乳頭細胞内に入り、
5αリアクターゼという酵素と結びいて生成され、
レセプターと呼ばれる別の男性ホルモンと結合して
その成分が毛乳頭に作用すると抜け毛が増えます。

 

DHTが通常より多く分泌されると薄毛になりますが、
以下で男性向け・女性向けのDHTを抑制する方法を
紹介しているので生活に取り入れてみて下さい。

 

≫自宅でDHTを抑制する方法へ

 

 

以下で、食事以外にも体の内側から根本原因に対して
対策することで薄毛を改善する方法を紹介しています。

 

生え際・頭頂部・つむじの薄毛改善 トップへ

 

sponsored link